OMソーラー株式会社
OMソーラーの家サイト

新着情報・コラム

  • ブログ
全館空調って何?エアコンと何が違うの?
全館空調徹底解説

家づくりにおいて耳にする「全館空調」。

「全館空調を導入すると何がいいの?」「普通のエアコンとは違うの?」「そもそも全館空調って何?」などの疑問をお持ちの方へ、家づくりをする上で知っておくべき「全館空調」を徹底解説します!

 

目次

全館空調とは

全館空調の何が良いのか、導入するとできること

 ー全館空調の良い点

 ーこんな方におすすめ

全館空調の種類

 ー全館空調の種類は様々

 ー全熱交換との併用

全館空調の例:OMソーラー製品の紹介

 ーOMX:太陽熱利用の全館空調

 ー導入しているお客様の声

まとめ

 

全館空調とは

OMソーラー 冬の仕様

OMソーラー 冬の仕様

 

「住まい」を考える上で大切な室内の環境。室内環境は温度はもちろん、湿度や空気の質などによっても変化します。

何も気にせず心地よく過ごせていれば、それは快適な室内環境と言えます。

しかし、温度や湿度が高すぎたり、反対に低すぎたり、空気がこもっていたりすると不快感を覚えます。

家づくりをするなら、室内環境のことを考えて快適に過ごせるようにしたいですよね!

 

そこで最近話題になっているのが「全館空調」です。

それでは詳しく「全館空調」について見ていきましょう。

 

「全館空調」とは、家全体(全館)を冷暖房(空調)して、家中を快適に保つシステムのことです。

基本的には部屋ごとに空調するルームエアコンとは異なり、廊下や洗面所、トイレなどを含め家全体を空調するため、部屋ごとの大幅な温度差がなくなります。

そのため、近年話題となっている「ヒートショック」※1 や室内での熱中症の心配もいりません。

 

※1 ヒートショックとは、部屋間を移動することによる急激な温度変化によって、血圧が大きく変動し体に負担がかかることです。
これにより、風呂場や夜間のトイレで倒れる、最悪の場合は死亡する恐れがあります。
家の中に温度差があることは、命にも関わるほど危険なことです。

 

全館空調の何が良いのか、導入するとできること

 

さて、全館空調を家づくりに取り入れると何が良いのでしょうか?

全館空調を入れたときのメリットは、「家の中の温度差を無くすため、ヒートショックへの心配がないこと」以外にも様々あります。

 

全館空調の良い点

・一年中家のどこにいても快適

・見た目スッキリ

・お手入れがラク

 

・一年中家のどこにいても快適

全館空調は、基本的には24時間365日稼働させます。そうすることで、一年中どの時間帯でも家中を快適な温度、湿度、空気感に保つことができます。

 

・見た目スッキリ

全館空調は1台で家中の空調をまかなっているものが多く、部屋ごとに設置が必要なルームエアコンとは異なり、部屋の見た目もスッキリし、空調機器に邪魔されない部屋づくりができます。

家の外に置く室外機も1台で良いため、景観への邪魔がありません。

 

・お手入れがラク

1台で全館空調するものは、管理やフィルタなどのお手入れも1台分で良いため手間がかかりません。

 

ただし、全館空調にも様々な種類があるため、1台で良いものばかりではなく、機器の種類も様々あります。

全館空調の種類について詳しくは後ほど説明します!

 

こんな方におすすめ

全館空調が気になっているそこのあなた!下の項目に一つでも当てはまる方には、特に全館空調がおすすめです。

 

・廊下やトイレ、脱衣所が寒いのを我慢している

・ドアを開けっぱなしにしていると寒い

・冬の朝寒くて布団から出られない

・外から帰ると家の空気がムッとしているのが気になる/家に入っても寒い

 

全館空調なら、冷暖房時に家族が部屋のドアを開けっぱなしにしてしまい、「閉めて!」と怒鳴ることもなくなり、ストレスが軽減されます!

(このような経験がある方は多いのではないでしょうか?)

 

全館空調の種類

Passive aircon 冬の仕様

Passive aircon 冬の仕様

 


単に「全館空調」と言っても、メーカーによって機能や特徴が異なります。

そのため仕組みや使い方などなど、システムによって様々な違いがあります。

ではどれが良いのでしょうか?

選ぶために知っておくべき違い、ポイントを説明します!

 

全館空調の種類は様々

全館空調は仕組みや機能などメーカーによって異なります。どのようなタイプがあるのか、解説していきます。

 

・空調機の台数:一台/複数台

・設置場所:小屋裏/床下/専用スペース

・温度・風量設定:全館一定/フロアや部屋ごと

 


・空調機の台数

機器を一台だけ設置してダクトなどを用いて空気を送り家中の空調をするもの、フロアごとに機器を設置するものなどがあります。

 

・設置場所

機器の設置場所として、小屋裏に設置するもの、床下に設置するもの、専用スペースを設けるものがあります。

その中でも、全館を空調するための空気の出口が床下からのもの、壁からのもの、天井からのもの等々あり、それらを併用したものもあります。

 

・温度・風量設定

一台で空調をまかなっているもののうち、全館一定の温度設定で部屋ごとの調節ができないもの、フロアや部屋ごとに温度設定を調節できるものがあります。

機器をフロアごとに設置するタイプのものは、各機器で温度設定を行います。

風量調節は、温度設定と同様のエリアでできるものと、温度設定は全館一定でも風量設定は各部屋の吹出口ごとで調整ができるものなどあります。

 

全館空調を検討中で現在まだ施工会社を決めていない方は、どのようなタイプの全館空調かを見ることも、施工会社を選ぶ一つの目安になると思います。

すでにご検討中の工務店がある方は、一度工務店へ全館空調の導入について相談してみてください。

 

OMソーラー製品を導入検討される場合は、施工可能工務店一覧から、お近くの工務店様へお問い合わせいただくか、サイトから資料請求・お問い合わせしていただくことも可能です。

 

全熱交換との併用

全館空調システムでは、省エネ効果を高めつつ、適切な換気を行うために全熱交換換気システム※2 がお勧めです。

夏の湿気が多い時期に窓を開けると湿気を取り込んでしまったり、冬の寒い時期に換気をすると暖かさまで捨てられて部屋が寒くなったりしますが、全館空調システムと全熱交換換気を組み合わせることで、室内の温度や湿度を保ちながら窓を開けなくても24時間換気が可能になります。

 

※2 全熱交換の換気システムとは、室内の汚れた空気のみを捨てて、一般的な換気の際には捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを捨てずに回収し、温度も調節しながら換気を行います。

 

次はそんな全館空調+全熱交換を兼ね備えた機器、OMXを解説します!

 

 

全館空調の例:OMソーラー製品の紹介

 

OMソーラー株式会社では、「豊かな温熱環境を最小限のエネルギーで実現する」ために、様々な全館空調システムを開発・販売しています。

今回はOMソーラー製品の中から、全館空調を代表する製品として「OMX」についてご紹介いたいます。

 

OMX:太陽熱利用の全館空調

OMXは、太陽エネルギーを最大限に利用した全館空調システムです。

暖かい空気は下から上へ、冷たい空気は上から下へ移動するという特性を利用し、冬の晴れた日の暖房は太陽熱を利用し、床下へと空気を送り床暖房をします。

太陽が出ていない日は、ヒートポンプ※3 を利用して床暖房をします。

夏はヒートポンプを利用した冷房で、天井の吹出し口から空気を流し、部屋全体を涼しくします。

 

※3 ヒートポンプとは
少ない投入エネルギーで、空気中などから熱をかき集めて、大きな熱エネルギーとして利用する技術のことです。
身の回りにあるエアコンや冷蔵庫、最近ではエコキュートなどにも利用されている省エネ技術です。
一般財団法人 ヒートポンプ・蓄熱センターホームページより引用

 

OMX 太陽熱による暖房

OMX 太陽熱による暖房

 

エアコンの風が当たって不快な思いをしたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

一般的なエアコンは、急速に部屋を冷暖房するため気流感があります。

OMXなら24時間365日快適な室内を保つために、春や秋の中間期も含めて季節に合わせて緩やかに空調をするため気流感がなく、その上で室温を均一にするために設計の工夫をしています。

そうすることで快適性を高めるとともに、消費するエネルギーを必要最小限に抑えます。

 

OMXは機器を小屋裏に設置し、1台で全館の空調をまかないます。

空気の特性を生かし、取り入れた空気を暖かい空気は床下から、冷たい空気は天井から吹出し、室内の空気を吸気して循環させる仕組みになっています。

温度や風量の設定は、3つの系統に分かれており、系統ごとに調節ができます。

 

OMXは空調だけでなく、給湯や全熱交換換気、発電も行うことができます。

夏は冷房により室外機から発生する熱を利用して給湯を行います。

そうすることで、省エネ効果を高めるとともに、周辺環境へ排熱の悪影響を抑えます。

 

OMX 全熱交換換気

OMX 全熱交換換気

 

換気をすることは、住まいにとって重要なことです。

「シックハウス症候群」※4 の対策として、法律でも換気時間が定められています。

 

窓を開けたり、ファンによる換気をすると、せっかく保っていた室内の温度も湿度も外の空気に影響されてしまいます。

しかし、OMXに搭載されている全熱交換の換気システムなら、換気をするときに捨てられてしまう室内の暖かさ・涼しさ、快適な湿度を保ったまま、汚れた空気だけを捨てて換気をすることができ、熱ロスを削減します。

温度や湿度を保つことで、健康への悪影響を減らし、乾燥しやすい季節も、免疫力の低下による感染症へのリスクを抑制します。

 

※4 シックハウス症候群とは、ホルムアルデヒドなどの化学物質により、室内の空気が汚染されることで引き起こされる健康被害の総称です。

 

OMXは太陽光発電も可能なため、光熱費を大幅に抑えることができます。

 

なお、全館空調システムは完成した住宅に取り付ける設備ではなく、建物の設計と一緒に考える必要があります。

全館空調を最大限に活かすために、「パッシブデザイン」に基づいて家の性能や間取りを考えることが大切です。

「パッシブデザイン」については今後公開予定の記事でご紹介していきます。

 

OMXをさらに詳しく見る

 

導入しているお客様の声

OMソーラーサイトでは、実際にOMソーラー製品を導入していただいたお客様の声をご紹介しています。ぜひ生の声をご覧ください。

導入しているお客様の声「OMソーラーの家」はこちら

 

まとめ

今回は、全館空調とは何かを解説しました。

一般的な冷暖房(ルームエアコン等)は部屋ごとに設置し、季節ごとに使い分けますが、全館空調があれば少ない機器数で一年中家のどこにいても快適な環境で過ごすことができます。

 

全館空調は良さそうだけど電気代が高そうだし…などなどデメリットもあるのでは?と思っている方へ、メリットとデメリットを徹底解説した記事を後日公開予定です!

 

また、全館空調と言ってもその種類は様々です。

快適な生活を送るためには、それぞれの機器の特徴を知った上で検討する必要があります。

OMソーラーの全館空調についてさらに知りたい方は、お気軽に資料請求・お問い合わせください。

 

資料請求・お問い合わせはこちら
「OMソーラー製品サイト」はこちら

 

 

#OMソーラー  #omソーラー  #omソーラーの家  #全館空調  #家づくり  #  #平屋  #二世帯住宅  #デザイン住宅  #ZEH住宅  #ゼロエネルギー住宅  #注文住宅  #オーエムソーラー  #間取り  #注文住宅間取り  #木の家  #工務店  #太陽熱  #ソーラーパネル  #太陽光   #工務店がつくる家  #温熱環境  #全館空調の家  #PassivAircon  #パッシブエアコン  #OMX  #パッシブデザイン

OTHER NEWSその他の記事